GCV-017 ビオラ一式 ペルナンブーコ弓付き 16インチ

Last Updated on 1月 1, 2020 by matrixadmin

娘が軽く弾いた時驚きました。 『こんなにクリアな深い音が出るの?部屋に響き渡る嫌味の無い音。』ビオラの音の
違いには全く無知な私ですが、 あまりに驚いたので、某店で、こっそり25万程度の物まで、色々試奏させて貰って
きました。
★ネットでも良く見る、カ◎ロ・ジョルダーノ単体58000円→店員も薦めない、金属音で耳が痛い。調音しづらい。
★ルーマニアGLI◎A Gems セットで130000円→もやもやした音がする。立ち上がりが遅い。
★ドイツ製、クラウスへ◎ラー、セットで167000円→明るい音、立ち上がりが早い。聞いてて平坦。
 深い音が出にくい。
★GLI◎A GAMA Ⅱセット→207000円→値段分か、一番落ち着いた深い音がする。
この中で比べると、断然購入させていただいたGCV-017が良かったです。弾いてて楽しい、尚初期費用は抑えたい
というのが、 大方の初心者のニーズだと思いますが、抜群のコストパフォーマンスに驚きました。
(H.M.様)

このレビューを読んだ人が見ている他のページ

  1. GCV-750A ビオラ ストラディバリモデル 15インチ

  2. GCV-750A ビオラ ストラディバリモデル

  3. GCV-750E ビオラ Maggini

  4. GCV-750E ビオラ Maggini

  5. GCV-750E ビオラ Gasparo da Salo

  6. GCV-800 ビオラ L.Tertis 16インチ