GCV-900E バイオリン Kreutzer ストラディバリ

Last Updated on 1月 1, 2020 by matrixadmin

1年半ほど前に1727 Kreutzer ストラディバリを 購入しました。試奏させていただいたとき、音が胸に沈みこむ
ような深みを感じ、その弾き心地のよさにひと目(ひと弾き?)で心を奪われてしまいました。ストラド・モデルの
中では小ぶりな方ということで、手の小さい私には、前の楽器よりはるかに弾きやすく感じられました。前の楽器は
ドイツ製で20万弱のものでしたが、弾き心地は軽自動車とト○タの高級車ぐらいの差がありました。音色は
明るすぎず甘すぎず、華やかな音というよりは 心が安らぐような穏やかな音だと思います。先日発表会が
ありましたが、聞きに来てくれた友人が「ヴァイオリンらしい、柔らかくてきれいな音が出ていたよ」と言って
くれました。今はただ早く腕を上げて、この音であこがれの曲たちを奏でてみたいです。。

(C.H様)

このレビューを読んだ人が見ている他のページ

  1. GCV-750E バイオリン Heifetz ガルネリⅡ

  2. GCV-750E バイオリン 小ぶり Guadagnini ガダニーニ

  3. GCV-750E バイオリン Soil ストラディバリ

  4. GCV-750E バイオリン Soil ストラディバリ

  5. GCV-750E バイオリン Maggini マッジーニ

  6. GCV-750E バイオリン Maggini マッジーニ